As seen onFavicon for undefinednull

笠井潔氏が語る「加害者を反省する大連合」の結成と終焉

笠井潔氏が私の書籍「『当事者』の時代」を題材に、非常に重要な論考を展開されていたのでここに記録。 「70年代~80年代には、自民党主流派、社共、日教組、岩波・朝日から、日本の68年に起源があるマイノリティ運動や地域運動、市民運動までを網羅した、「加害者性を反省する大連合」が密かに形成された。この大連合に、総中流社会を自己肯定する日本社会多数派が結集する」

Embed

  1. だが民主党の迷走と自壊によって、この大連合は終焉を迎えるだろう。そしてその後に、大連合の外側で群衆化した者たちの排外主義がやってくる可能性もある。これからどうなっていくのか。原発デモはその中でどのような意味を持つのか。非常に重要な提起。
1
Share

Share

Facebook
Google+